2015年10月25日

前略、土の上よりあるいは姉妹の詩

CIMG0345a.jpg

わたしのなまえはまだ、ないの

ソイヤソイヤ
ソレソレ

まだ、うまれてないから
でも、もうすぐあなたのまえに

チルカラコソ
ウツクシイ
CIMG0027a.jpg

わたしのぶんしんは
もう、ずいぶんおおきくなってるの

ソイヤソイヤ
ソレソレ

つちのしたにわたしのぶんしんは
ずーっと、ふかくふかーく

ウツクシイ
チッタハナビラ

ほら、もうすぐよいしょこらしょ
えーんやこーらかあちゃんのためなら

ソイヤソイヤ
ソイヤソイヤ

あぁ、おいしい
わたしにもおいしいみずくださいな
CIMG9987a.jpg

土の上のわたしと
土の下のもうひとりのわたし

サキホコルハナ
CIMG0002a.jpg

わたしたちはsisters
ルート
とシュート

かあちゃんのうたはこどものためなら

双子座の名のもとに
わたしたちはあねといもうと
ルートとシュート

ほら、今宵は十三夜

ほしとつき
そして、なかよししまいのうた

アトハツチヘト
…underground
CIMG0276a.jpg

Featuring Akihiro Maruyama & sepia (cool guys)

2015 Autumn Rose Festival
Coming up !
posted by 神戸市立須磨離宮公園 at 13:36| お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月18日

木の実いろいろ


朝晩に、冷え込みを感じ始めました。
P1100076a.jpg P1100051a.jpg P1100065a.jpg
中秋の名月を迎える9月の後半には、
ブナ科のクヌギ、マテバシイ、クリ、スダジイが
開園前の園路にポツポツと転がり
クヌギ      マテバシイ    
クヌギ150901a.jpg マテバシイ150909 (3)a.jpg
クリ    スダジイ
クリ140923a.jpg スダジイ131008  (2)a.jpg
今は、銀杏が異臭を放っています。
   イチョウ
イチョウa.jpg

武骨で、無愛想なブナ科の木の実に比べ、
個性的な存在の・・・・
ヘクソカズラ  ノブドウ
 ヘクソカズラ141017a.jpg ノブドウ150926 (2)a.jpg
  
見た目も可愛く、食べられる
と言われている 木の実には、
ジャリジャリのりんごの食感のモッコク、
かなり酸っぱいサクランボ似のサンシュユ ・・・・
が有りますが、
可食部分は、ほんのわずか
果物を想像すると・・・チョット違います。 ょ〜。 
   モッコク        サンシュユ
モッコク (4)a.jpg サンシュユ150930 (2)a.jpg

最後にひと手間入れれば・・・食卓を飾る
赤いサンザシの実と、緑のオリーブ
ユックリと秋を感じる事が出来ます。
  サンザシ       オリーブ      
サンザシ140927 (2)a.jpg オリーブ150914 (2)a.jpg
 クチナシ
クチナシ151013a.jpg
須磨離宮公園で
楽しい秋の一日をお過ごしください。
P1090761a.jpg P1090973a.jpg
posted by 神戸市立須磨離宮公園 at 14:46| 園内風景 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月13日

Just a little rain

○月×日
誰かさんがみつけたのは
小さい△▽
きっとそこには
小さい希望があるでしょう

○月△日
小さい希望を探していたら
雨粒ひとつ見つけたよ
空を見上げたら
僕と私

○月×日
雨粒が集まって
筋になって
雨になったところを
見たよ
CIMG0168a.jpg

○月△日
誰かさんが傘も差さずに
雨の音を聞いていたから
真似してみた

○月×日
小さい秋が見つかる頃には
小さい雨粒もたくさん
たくさんの小さい雨粒
しとしと落ちてきた

○月△日
木陰で雨宿り
ぱらっぱらっ
よけいに濡れちゃった

○月×日


○月△日
すっかりautumn
長袖に着替えて
雨の日には長靴はいて
もちろんカッパも、ね

○月×日
一番乗りは誰でしょう?
滴るしずくは
透きとおって
誰もまだ来てない
一人占めしちゃえ・・・
CIMG0183a.jpg

○月△日
汽笛がよく通る
それは晴れではなくて
どこか寂しげでいて
遠鳴りを聴いて
遠くの海へ運んでもらうの

○月×日
窓から見える
空からの水と
そうでない水
今日は・・・少しゆれる
CIMG0174a.jpg

○月△日
雨は空気を洗い
イロを変えます
その目撃者はきっと
ココロも洗われて

○月×日
雨はたまに降るから
メロディに変えて
♪♪♪
それでいいよ
一粒ひとつぶの歌

Just
Singin’ in the rain
Dancin’ in the rain

レイニーパークへようこそ

雨に濡れたら
ごめんなさい・・・
でも
バラとモミジには
天からの恵み

いつもとは少し違う風景で
逢いましょう
時に降る雨も
公園の一部です

Featuring Gene Kelly

posted by 神戸市立須磨離宮公園 at 09:23| お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月07日

秋になれば彼女は、少なからず戸惑いを覚えるぼくと(エピローグ)


長い夏は風とともに去り
ぼくの心に映るフィルムは
カタカタ音をたてる
スクロール

変わる日をむかえた
自分を知らない少女を
映し出す
サイレント・ムービー

CIMG7035a.jpg





朝、沈んだ気分は
午後まで重くて
鏡に映る顔
つけ直したコロン
ほんの少しだけ軽くなった
月の下で歌ったわ

変化する瞬間
見つめるまなざしは
空色のように
あくまでも澄んで
風になびく伸びた髪

遠くの潮騒
近くの水飛沫
同じようでいて
同じでないもの
これまでのわたしと
これからの私

変わる彼女に気づくのが
一番最初であるのが僕なら
ただそれだけでいい
心穏やかに
急きたてられることもなく
ただ感じるだけでいい

海が凪いだ日
 伸ばした髪に似あう街
 さぁ出掛けよう
 きっと違う風景が見える
 いつもの場所なのに
 そうでない景色

秋の空
移ろいやすいもの
私の心は変わらない
沈黙・・・
変わりたくない(叫び)

願いとは裏腹に
痛みが伴う変身
それは運命
月と太陽の交差点

雨が連れてきた秋
僕のフィルムはカタカタ音をたてる
あどけなさの残る笑顔
繰り返すリフレイン

きのう乾杯したワイン
とりとめのない会話
サイレント
 交わす
閉じる

彼女を見届ける空に
ぼくはいま雲と遊び漂う
秋はそんな季節でもある

秋の彼女にぼくは戸惑う
あどけなさとともに
風が吹くとき雲は高く
ほんの数ミリの距離に
感じる吐息
ただ君に恋する

それでもやはり
僕は変わらないままで
夕焼けに染みる君の瞳は
移ろいゆく
サイレント・ストーリー
CIMG7050a.jpg






声なき声を聞く
風に身を預け、耳を傾ける僕の
長い夜の散歩道

「マチルダ、また会えたね」

Next event
Rose Festival 10/17〜
秋バラに会いに来てください
もちろんマチルダも待ってます
posted by 神戸市立須磨離宮公園 at 09:43| バラ・ローズガーデン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする